FC2ブログ

Asia Pacific Arts

2010.07.31 00:39|2010/07/01~07/31
Asia Pacific ArtsというサイトにL.Aライブのレポがアップされてます。

で、一応翻訳はしてみたんだけど、今回の翻訳はいつも以上に難解でまいりました…(汗)

というのも、句読点が少なくて一文一文がやたら長いため、頼りの翻訳機がほとんど約に立たないのね。
文章があっちこちに前後して意味のわからん日本語を打ち出すから、いちいち英和辞典で調べ直しというなかなか骨が折れる作業を強いられました。

そんなわけで、いつも以上にザックリでテキトーな翻訳ですが、よろしかったらどうぞ♪

ちなみに内容はJaMEと大差ない感じなので、長文が苦手な方は読み飛ばしても問題ないかと。
私は訳してから気付きました…(苦笑)



You & Jin: Jin Akanishi concert review
Jin Akanishi's first U.S. tour at LA's Club Nokia successfully showcased a performance of broad talent, leaving fans craving even more of his astonishing dance choreography and impressively wide vocal range
by Keira Truong
Date Published: 07/28/2010

初のアメリカツアーを行った赤西仁が、L.Aクラブノキアのパフォーマンスで幅広い才能を見せた。
一方、ファンは彼の驚異的なダンスと広い音域が印象的な歌声を期待してアメリカへと出発した。



Seeing classical operas or theatrical plays begin with a human music box as an overture isn't too unusual. Seeing a pop concert begin on such a delicate note, however, is rather unique. As the lights dimmed to a solitary blue and fog filled the sides of the stage, Akanishi performed an extraordinarily accurate imitation of a windup music box figure, spinning in a half-circle before abruptly "breaking down" and reversing, taking the crowd by brief surprise before jumping onto the drums to begin the opening song.

オルゴールの音に合わせて動くこと(←ロボットダンス??)から始まる、これはクラシックオペラや演劇などなら特別に珍しいことではない。だが、ポップコンサートがこのように始まるのはきわめて希であった。
明りが落ち、青い霧がステージを満たす中に一人、赤西はオルゴール仕掛けの動き(←やっぱりロボットダンスかなぁ?)をとても正確に模倣する。急に「壊れた」かと思うと半円を描くように回りバックする。
ドラムと思いもよらない演出で歌が始まり観客を引き込んだ。


Covering both newly-written and never-heard-before song titles, as well as popular old ones like "A Page" and "LOVEJUICE," Akanishi had the audience on the edge of their seats with anxious anticipation throughout the night. The old songs, especially, earned ear-splitting, excited screams and cheers from the crowd.

新曲と既存曲の両方、曲名でいうなら「A Page」や「LOVE JUICE」のような以前から人気があるもの。
彼のファンは始終、曲目の予想に余念がなく、この既存曲が始まると観客は興奮し耳をつんざくような悲鳴を上げて歓呼した。




ジャニーズブログランキング
←参加中のランキングです。ポチっとしてやって下さい♪

我ながら怪しい翻訳です(汗)
それでも「まあしょうがないか」とぬるい目で付き合って下さる方は[続き]へどぞ。

ますます怪しい翻訳が続きますよ(笑)


Many of the songs involved brilliant light shows and elaborate choreographies, making use of the entire stage -- from the high-rise upstage, to props hanging in midair downstage, to even the seating sections, as flashing, multicolored lights stretched over the audience making an awe-inspiring effect.
The talented backup dancers regularly pumped up the energy on stage, also adding to the audience's excitement.

ほとんどの歌が、すばらしいライトショーと精巧な振付けでステージの全てを利用した。
光の柱が高層の演壇のように舞台の奥から座席の区域まで伸びて行き、それは観客に畏怖の念を起こさせるほどの効果があった。
優秀なダンサーたちはステージに活気を与え、観客の興奮を煽った。


Interestingly enough, although it was a concert in the U.S., a long way from Akanishi's native Japan, there were quite a few attendees that spoke nothing but Japanese, presumably coming all the way from Japan just for the concert.
The diversity was further displayed by both the number of non-Asians attending and the fact that the audience did not comprise only of young fans -- middle-aged attendees were actually quite common, even if most were women.

このアメリカコンサートは十分に面白かった。
観客の中に日本語を話す人が多くいたので、おそらくコンサートのために遠路はるばる日本から来たのでしょう。
観客は女性が多かったが、国籍や年齢はさまざまだった。


The most memorable part of the concert was the theatrical interlude after the intermission. It began with colorful costuming, intricate demonic masks, clouds of drifting fog shrouding the walls of props, and well-coordinated choreography more fitting for the genre of world dance rather than the usual hip-hop performance.

コンサートで最も印象に残ったのは、幕間の休憩後でした。
それは柱の壁を覆っている霧を押し出すようにカラフルな衣装を着て悪魔のようなマスクをかぶり登場した。
そして、いつものヒップホップパフォーマンスから振り付けを施されたワールドダンスに。

Perhaps this interlude could better be described as a "magic trick:" the characters on stage focused the audience's attention on what appeared to be the masked figure of Akanishi, only for the real Akanishi to be revealed elsewhere onstage under a splash of gold lights just in time to finish his concert with performances of "Yellow Gold" and "My MP3." Although some posts in fan forums have claimed that the interlude was an unnecessary filler, others have agreed that it was a rather refreshing dip into the quiet and supernatural.

おそらく、この幕間は「マジックのトリック」。
観客に仮面の男を赤西の変装した姿であるように錯覚させステージに集中させ、本物の赤西は違うところからゴールドのライトの下に現れるという仕掛けだ。
彼のコンサートを仕上げる「Yellow Gold」と「MY MP3」のパフォーマンスのためだろう。
ファンのフォーラムではあの幕間の必要性を疑う声もあったが、それ以外の者はむしろそれが静けさと超自然現象への流れであったと意見が一致した。


Another hot topic on the fan discussion boards was Akanishi's English usage: although his English is rather good conversationally, as evidenced by his pre-concert video, his accent is much more noticeable when he sings (distracting perhaps, but not completely unintelligible, even if a rare few fans commented so).

ファンの論議にあがった中で熱かった話題の一つに、赤西の英語使用があった。
彼の英語は会話体で良く、彼のコンサート前のビデオでわかるように彼が歌うとき彼のアクセントは注目に値する(ファンがそうコメントしても理解できなくはない)
※ココ、特に難しかったです…。
この後の文章を見るとファンが日本語歌詞を歌って欲しいと言っている…みたいな感じなのかなぁ…?(汗)

In the end, Akanishi's honest attempt at holding a purely English concert appears to have been looked upon with much favor, even if many fans wished that Akanishi had performed some of his Japanese works.

例え多くのファンが赤西の日本での作品を歌って欲しいと願ったとしても、結局は英語詞でコンサートを開くという赤西の偽りのない試みは多くの支持を得られたことであろう。


The concert slowed to an end with "Tipsy Love." During the instrumental section, all of the performers of the night took the stage and bowed underneath the flashing lights coming from the giant snowglobe on center stage.

コンサートは、『Tipsy Love』で静かにラストへ移行。
インストルメントルの間、パフォーマー全員がステージの中心に集まり閃光の下で一人一人お辞儀をした。

Unfortunately for the audience, there was no encore, despite the long, continuous cheers and clapping, in hopes of hearing one more song. It was a testament to Akanishi's popularity and talent that even after the theatre cleared out, many fans outside the venue still chanted catch-phrases from songs and waited after the show to catch a glimpse of Akanishi leaving the theatre.

長い歓呼と拍手にも関わらずアンコールがなかったことは観客にとって残念なことだった。
劇場から出た後でさえ、会場の外の多くのファンはまだ歌を繰り返した。
ショーの後、劇場の外で赤西を一目見るために待っていることは赤西の人気と才能の証拠だ。


Altogether, the concert was everything a person wanting a good show would ask for, especially considering the pressure Akanishi was under, being the first solo artist from Johnny & Associates to perform in the United States. It's very likely that many of these fans will be securing tickets to one of the concerts on Akanishi's next upcoming U.S. Tour in October, which hits Los Angeles, New York, Chicago, Las Vegas, San Francisco, Anaheim, and Houston.

要するに、コンサートはよく出来ていて求めるすべがあった。そして、赤西のプレッシャー(ジャニーズから初の単独アーティストとしてアメリカでパフォーマンスをすること)も考慮する。
これからファンの多くが次にアメリカで公演される赤西のチケットを確保することが高く予想されるだろう。

アメリカツアーは10月、それはロサンゼルスを襲い、ニューヨーク、シカゴ、ラスベガス、サンフランシスコ、アナハイムそしてヒューストンまで。


For more information on Jin's upcoming schedule, check his official US website for updates.

仁の予定の詳細については、最新版を彼の公式米国のウェブサイトをチェックしてください。




翻訳は以上です。

たまには日本語で楽したいゼ(←笑)




ジャニーズブログランキング
←参加中のランキングです。ポチっとしてやって下さい♪

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)

04 ≪│2021/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

最近の記事

プロフィール

ななち

Author:ななち
管理人のななちです♪

とにかく仁が大好き!
胸の内に納めきらない想いをブログにさらけ出してるため暴走気味かもですが…

大人目線で優しく見守ってくださいませ♪

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ジャニーズ最新情報

メールフォーム

ご意見、ご感想などおまちしています♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる