FC2ブログ

JaME L.Aライブレポート

2010.07.10 02:27|2010/07/01~07/31
ご無沙汰してましたー。

久々に来ましたよ、長文引っ提げて(笑)

JaMEさんがYOU&JINのレポをしてくれてるので、さっそく「Yahoo!翻訳」にかけつつ自分なりに訳してみました。

念をおしておきますが、自分が読みたいがために訳したものですので、かなりアバウトです。
間違えは当たり前にありますので、それを踏まえた上でどうぞ(汗)



KAT-TUN's Jin Akanishi makes his US debut with a bang.
KAT-TUNの赤西仁が衝撃米国デビュー!


When it was announced that Jin Akanishi would be performing in Los Angeles, tickets were sold out practically before they even went on sale.
「赤西仁がロサンゼルスでパフォーマンスをする」と発表されると、ほとんどのチケットが売り出し直後に売り切れた。

The evening of the show, fans gathered outside LOS ANGELES Live, tickets in hand and eager to get in. The energy inside the small venue buzzed like electricity, and the moment the show began, excitement flared incandescent.
ショーが始まる夕方。外にはチケットを握ったファンが会場に入ろうと集まり、小さな会場の内側はガヤガヤとざわめき、ショーが始まった瞬間には興奮が最高潮にまで燃え上がった。


Two of Jin’s dancers, Boogie and Juice, came out on stage as the hosts. They worked the crowd, bringing the energy level even higher, then introduced the exclusive video footage to be shown.
二人のダンサー(BoogieとJuice)が司会者としてステージへ。
盛り上げるためのイントロダクションとしてビデオを上映する。

The audience burst into screams as Jin Akanishi appeared on the TV screens around the theater. The short clip featured Jin giving a brief tour of the venue, and the crowd cheered giddily each time he smiled into the camera.
場内に配置された各テレビの画面に仁が現れると、観客から物凄い悲鳴があがった。
この短いクリップは仁のツアーに関するもので、観客は仁に引き付けられ、彼がカメラに微笑むたびにみんな目を輝かせて歓喜した。

After the video, another of Jin’s dancers came out to impress the fans with a solo dance. Joey Tee’s fluid movements amazed everyone, and it left the crowd ready for the dance crew that came on next, Striker All Stars.
ビデオの後、もう一人のダンサーが踊った。
ジョーイ・ティーの流れるようなダンスはみんなを驚かせた。そして、その合間に次のダンス、Striker All Starsの準備が完了。

Their set, which included a mix of stomping, locking and acrobatics, was met with loud applause. Then, it appeared that Jin had chosen dancers that were multi-talented as Dominic came out and sang.
ダンスはロックとアクロバットを融合したもので、拍手を受けた。それからドミニクは歌も歌った。
仁はマルチな才能を持ったダンサーを選んだようだ。

His hip-hop, R’n’B style ballads mellowed the mood of the crowd, but everyone jumped back up when another video began to play on the TVs.
彼のヒップホップやR&Bスタイルのバラードは観客のムードを高めた。
そして、再びビデオの上映が始まるとみんなはそれに注目。

This video showed Jin in the process of preparing for his shows in Los Angeles: he was auditioning dancers, rehearsing and having fun with his friends.
このビデオには、ロサンゼルスでショーの準備をする仁の姿(ダンサーのオーディションや友人とのリハーサルを楽しむ光景)が映し出された。

It culminated with Jin finally appearing on stage, and the venue exploded with deafening screams.
そして、ステージに仁が現れると興奮が最高潮に達し、会場は耳をつんざくような悲鳴に包まれる。
Right away,Jin showed that he was all business and started with a slow, almost mechanical dance.
まずはゆっくりした動きのロボットダンスから始まる。

It seemed the theme was Jin’s arrival from outer space, which was reinforced by the futuristic images on the screen behind him and Jin’s robotically distorted voice as he welcomed the crowd.
テーマは未来の世界。
ロボットの軋む音とバックスクリーンの映像で未来的なイメージはさらに強調。
After announcing it was “time to party,” Jin moved to the drum set and opened with Christmas morning.
パーティーの時間が発表され、仁はドラムに向かい『Christmas morning』が始まる。

The English lyrics were conveniently shown on the TV screens, allowing fans to sing along on the spot,and many did just that.
ファンが一緒に歌えるようにほとんどの楽曲に英語の歌詞が画面上に流れた。
Jin’s highly distorted voice took on an otherworldly quality as he led the way through a stark, eerie soundscape.
不気味な音が広がり、仁の甲高い声は来世の雰囲気を醸しだしていました。
There was a brief interlude as Jin quickly strummed a silver acoustic guitar, then the instruments cleared the stage and Jin was left alone, reveling in the coldly beautiful world he’d created.
仁が銀のアコースティックギターを鋭く鳴らした。
短い合間がありステージのセットは片付けられ仁はそこから去る。
そして、彼の築いた冷たくも美しい世界が広がった。

Bass go boom quickly charged things up as Jin and his dancers took the stage by storm, and the crowd only clapped harder and cheered louder as the dance track went on.
『Bass go boom』で仁とダンサーはステージを飲み込んだ。
そして、ダンストラックが続くとファンの拍手喝采はより激しいものに。
Wonder, a clearly popular song, was up next, and the music video for the song was played on screen as Jin performed on stage.
The audience grew almost giddy when Jin flirtatiously danced with one of his female dancers.
『WONDER』(人気のある曲)がかかると、スクリーンにミュージックビデオが再生された。仁が女性ダンサーの1人といちゃつくように踊るとファンは目眩を起こしそうになる。

Next, Jin performed one of his new songs: I.N.P. The middle of the song included a mock rap battle, with Jin facing off against two of his dancers in turn.
次に仁は新曲のうちから1曲パフォーマンス(曲は『I.N.P.』)
そして中盤ではダンサー二人と順番にラップ対決もありました。
The song had a great energy and everyone in the venue was moving to the beat.
Keeping up the rap flavor wasAdjust the Love, a smooth rap song with a techno club beat.
Jin and his friend shared the stage and lifted the audience with the hopeful lyrics.
歌はエネルギーに満ちていた。そして会場は“ビート”へ移る。
『Adjust the Love』はテクノクラブ調で、滑らかなラップを歌い上げる。
仁と友人は、希望に満ちたな歌詞でステージとファンを盛り上げました。




ジャニーズブログランキング
←参加中のランキングです。ポチっとしてやって下さい♪


続きます…!

※ 続き ※

As the song finished, glowing screens were rolled out on stage and Jin ducked behind them.
Suddenly, a game of “find-the-Jin” began as a few dancers dressed in the same white hoodie Jin had on ran around the screens.
歌が終わるとスクリーンは降りてきて仁は後ろに下がる。すると突然、仁と同じ白い服を着た2、3人のダンサーが画面を走り回り「Jin探し」ゲームが始まった。
Just as the fans had decided which white jacket contained the real Jin, the man of the hour appeared, sitting on the riser at the back of the stage in a black jacket.
ファンがどの白ジャケットが本物の仁か決めたちょうどその時、渦中の仁は黒いジャケットを着てステージの後ろに登場したのです。

The sweet, crooning notes of A Page filtered from the speakers, and everybody sang along with Jin.
Then it was time for Jin to don his now signature fedora for LOVEJUICE. Jin’s sexy dance moves had everyone going crazy, and the dance club setting became a clever lead in to Paparats when Jin’s good time was interrupted by hounding photographers. The belligerent song scolding the invasive media showed another side of Jin, but it didn’t last as Hey Girl took over. The light, sassy song had everyone dancing again, and it was a great way to end the first half of the show.
スピーカーから流れる甘くせつない歌声の『A Page』、みんなが仁と一緒に歌いました。
それから、Jinが『LOVE JUICE』のために衣装チェンジ。
仁のセクシーなダンスにファンはみんな熱狂した。
そして、『Paparats』ではダンスクラブの設定で、仁は楽しい時間を台なしにするカメラマンを風刺、軽快な曲調の『Hey Girl』では再びみんなで踊りだした。


Right before intermission, Jin made a surprise appearance at the bar where a few lucky fans were able to see him up close.
幕間の直前に、仁は不意にバーに現れ、2、3人の幸運なファンが彼を間近で見ることが出来た。

The rest of the audience watched on the TVs as Jin toasted his fans and shouted how much he loved them.
仁のファンはどれだけ仁を愛しているかを叫び、残りのファンはテレビで見ていました。(←すみません、この部分かなり微妙です。どう訳してもイミフで…汗)
Bubbling over with joy, fans discussed the first half of the show while impatiently waiting for the second half.
喜んで沸き立つファン。
後半を待つ間、ファンはショーの前半の話を語り合いました。




The second half began with Jin’s dancers.Their names were put up on the screen as they each took a turn to show off their moves.
後半はダンサー紹介から始まった。
彼らがそれぞれ踊りターンすると彼らの名前がスクリーンに表示された。
Then Jin made his return and they began a series of different dances, the most amusing and innovative of which was the “Screen Dance.”
そして仁。彼が再登場し、彼らはさまざまの異なるダンスを披露する。とても面白く革新的な“スクリーンダンス”です。
Jin’s white coveralls became a blank canvas for the lighting crew to project images on: one moment Jin was a muscular man in a tiny swimsuit, in another Jin’s beating heart was going up in flames.
仁の白いツナギは、照明で服にイメージを写し出す白紙のキャンバスとなりました(例えば、仁が小さいな水着を着けた筋骨たくましい男性に見えり、鼓動する心臓が燃え上がったり)
Jin teased the crowd, throwing his hat to them but leaving everyone pouting in disappointment when the hat swung back to him on a wire.
仁はファンをからかうようなことも。
仁は帽子を観客に向け投げたが、ワイヤーで操られた帽子は反れファンをがっかりさせたのでした。

The last dance segment was “World Dance,” which seemed to be an homage to Jin’s Japanese heritage. The girls wore kimono on stage, and Jin displayed his many faces with Noh inspired masks.
最後のダンスは「World Dance」
それは仁の日本の遺産に対する敬意であるようでした。
女性はステージで着物を着、仁は能面風のマスクをめくり取る。
As the dancing slowly wound down, Jin jumped right into Yellow gold, an anthemic song with a strong, powerful melody. However, to end the concert, Jin left things on a lighter note: My MP3 was just the sort of candy pop to get everyone bouncing, and Tipsy Love put everyone in a great mood.ダンスはゆっくり徐々に静まり、仁は『Yellow Gold』(力強いなメロディーのanthemicな歌)に移る。
コンサートも終わりに近づく(『MY MP3』は誰もがノレるキャンディポップ、『Tipsy Love』はみんなをすばらしいムードに包みました)
The laidback ballad had everyone singing in response to Jin, and the fans proclaimed their love over and over. Finally, Jin introduced his dancers again personally, and they all lined up to take a bow before leaving the stage.
バラードは仁を愛するファンと仁との呼応(コール&レスポンス)によって歌い上げられた。
最後に仁はダンサーを紹介し、彼らはステージを去る前にお辞儀をするため一列に並びました。
Unwilling to believe the show was over, many fans started calling Jin’s name,but sadly, there was no encore.
ショーの終わりを感じたくないファンは悲しげに仁の名前をコールしましたがアンコールはありませんでした。


With this show, Jin proved that as a solo artist, he’s got everything under control. The show was a true performance, with each part carefully planned out and perfectly executed.
このショーで仁はソロアーティストとしての才能を抑制していたことを立証しました。
ショーの全ては慎重に計画されて、どこをとっても完璧なパフォーマンスでした。
There were two things that were a bit disappointing: Jin didn’t MC directly with the fans, and many of his new songs are heavily filtered so that his natural voice is barely heard.
少し残念だった点が2つ。
ファンとの会話・MCがなかったことと、多くの歌がフィルターに通され彼の元々の声がかろうじて聞こえる程度だったこと。

However, these are minor details that will likely disappear as Jin grows more comfortable performing overseas and he will, as he is returning to the US in the fall with shows in New York, Las Vegas, San Francisco and Anaheim, in addition to Los Angeles!
しかしながら、これらは仁が海外でよりパフォーマンスすることでたぶん消える些細な部分です。
そして、彼はロサンゼルスに加え、ニューヨーク、ラスベガス、サンフランシスコ、アナハイムでのショーのため、アメリカに戻ってきます。


It seems that Jin Akanishi is here to stay, so everybody had better get ready to dance!
赤西仁が定着するのは間違いないので、みんな、ダンスの準備はした方がいいよ!



※以上です!!

な…、長かった~~(汗)

もう、何時間かかってんだか…。
まだまだ補修したいとこが山ほどあるんですが、明日も仕事なので寝ちゃいます(逃)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)

04 ≪│2021/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

最近の記事

プロフィール

ななち

Author:ななち
管理人のななちです♪

とにかく仁が大好き!
胸の内に納めきらない想いをブログにさらけ出してるため暴走気味かもですが…

大人目線で優しく見守ってくださいませ♪

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ジャニーズ最新情報

メールフォーム

ご意見、ご感想などおまちしています♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる