FC2ブログ
2010.08.19 19:27|2010/08/01~08/31
Tokyohive、翻訳してみました。

かなりの長文でしたので、今回は英文を割いて和訳のみをアップ。

いろいろ翻訳して思ったけど、あの歌舞伎みたいなマスクの演出が向こうの方にはウケがいいみたいですね~~。
このTokyohiveでも少し細かく説明してあって反応の良さが伺えました。

では、JaMEなどの今まで見たレポとあまり代わり映えしないかもですが、よかったらどぞ♪
(最後のインタビューなんて全く一緒だったので、カットしちゃいました(汗)


『Tokyouhive』

注:ファンの皆さまに、レポートが遅くなったことをお詫びします。
それでは、レポートを楽しんでください。


あなたがジャニーズのコンサートに行ったことがなく、写真で見たりファンのレポートを読むだけだったとしても、赤西仁の全米ソロデビューを行ったクラブノキアのコンサートを思い描くことができるだろう。
想像してみてください。
ジャニーズのスターの一人、彼を見ようと会場入り並んでいるアジア女の子の列を。
2000人以上のものファンは、この日を今か今かと待ち望んでいたことを。


会場に入ってあたりを見回すと、観客の95%ほどはアジアの女性でしたが、日本からのファンだけでなく現地アメリカのファンも多かった。
ジャニーズだけあってセットに問題は無し、クラブの原形の2倍の量の器材がセットされ、ステージには2つの巨大スクリーンが取り付けられており、各曲のイメージに合わせた映像が流される。
バルコニーと床に設置されたモニターにはステージのパフォーマンスと歌詞がスクロールされた。

これがジャニーズです。一人のスターがデビューし輝くためなら、たいした出費ではありません。
ただ、それはよくある華やかなばかりのライブではなかった。このショーの魅力は日本を抑え次へ向かうだろう。
このアメリカで、現地のファンは、いったいどんなことを得るのか。

6時15分頃、司会の2人(ジュースとブービー)が登場し、「仁はどこ?」と観客に尋ねる。
2つのスクリーンに映し出されたのは舞台前の仁の様子。バックミュージックと一緒に映像が流れる中、仁は冗談を言ってみせることも。
「僕はここでライブをするんですよ」と仁は「カツヤ」(クラブノキアの近くにあるレストラン)を指差す。

映像が終わると、今回の公演のメンバーであるジョーイ・ティーがステージに登場。仁の前座に行われるパフォーマンス3つのうちの1つをするためだ。
ジョーイの次に登場したのは「ABDC」の第3シリーズの出演者「Strikers All-Stars.」。
最後のパフォーマンスに登場したのは仁の作家の一人で、自分の持ち歌の「One Love」と「Turn of the Audio」を演奏した。

2つ目の映像は仁のツアー、メイキング、ステージまでの道のりです。バックダンサーを選ぶために開いたオーディション映像も。
仁がホテルで彼の曲を口ずさむ映像が映し出されると、ファンは大喜び。
ビデオには仁のダンスリハーサルの場面も流れた。


ジュースとブービーが再び登場、そして、煙と青いライトのステージに彼が現れる。
白のフードジャケットにジーンズ、ポニーテールというスタイルで仁はついにステージに登場した。
会場は悲鳴の嵐。




ジャニーズブログランキング
←参加中のランキングです。ポチっとしてやって下さい♪


☆“続き”に続きます。


続きを読む >>

スポンサーサイト



07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)

07 ≪│2010/08│≫ 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

最近の記事

プロフィール

ななち

Author:ななち
管理人のななちです♪

とにかく仁が大好き!
胸の内に納めきらない想いをブログにさらけ出してるため暴走気味かもですが…

大人目線で優しく見守ってくださいませ♪

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ジャニーズ最新情報

メールフォーム

ご意見、ご感想などおまちしています♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる