FC2ブログ
2010.08.31 00:10|2010/08/01~08/31
TOKYO WEEKENDERのHP、見てきました。

仁とシャマラン監督(『シックスセンス』、『サイン』の監督)の2ショットや、礼保くんも映ってる写真の2枚。
かしこまった場所だからかな?珍しくキレイ系な服装ですねv


ざざ~っと訳してみて、仁に関係ありそうなところだけをピックアップしてみました。
よろしかったらどーぞ♪



The Last Airbender Party
『エアベンダー』パーティー

A star studded crowd showed up at the New Lex to meet actor Jackson Rathbone and director M. Night Shyamalan, who were in Japan with Paramount to promote the film The Last Airbender. Both of the special guests were really down to earth, outgoing and fun.
俳優ジャクソン・ラスボーンとシャマラン監督に会うために現れたスターでニューLEXはうめつくされた。
(彼らはパラマウント主催の映画『エアベンダー』のため日本にいたのだ)
スペシャルな客たちはみな本当にリアルに社交的で楽しんでいた。

Guests there that night included pop star Jin Akanishi, who has left Johny Jimusho’s group Kat-Tun and is pursuing a solo career.
その夜の客にはポップスターの赤西仁も含まれています。
彼はジャニーズ事務所のグループKAT-TUNから離れソロ活動中。

His recent concert in LA drew in 2000 fans, and in September he’ll be doing concerts in about eight cities across the US. I’m happy to see him doing so well. He’s a talented, hardworking, nice guy who deserves his success.
Jin’s younger brother Leo, who’s a film and stage actor, is also a great guy.
最近あった彼のL.Aコンサートには2000人のファンを引き込み、そして9月にアメリカの8つの都市でコンサートをします。
私は彼がそうしてるのをみて満足している。
彼は、成功に値する優秀で勤勉な素敵な人なのです。

仁の弟・礼保(映画や舞台の俳優)、彼も素晴らしい人です。



×・×・×・×・×・×・×

以上ですかね?

この記事の前後の文もざっと翻訳機に通してみましたが、仁とは関係ないみたいです。

どうやら、記者さん自身がかかわった様々なイベントをひとまとめに記事にしてアップしてるようです。

ちなみに記事全体は、
・サマーソニックや富士ロックの話しから始まり

・隅田川の花火がどうとかBMWは維持費がどうとか自家用車の話しになり

仁もいたエアベンダーの話しをする

・その後はアルゼンチン大使との別れやらセネガルの記念日やらの話し
こんな流れでした。


それにしても、この記者さんは何物なんですかね?
大使がどうとか言ってらっしゃるので、社交界に顔の広い方なのでしょうか?

そんな方が仁の成功を讃えそのうえ、勤勉で優秀なNice guyとまで言ってしまうなんて…!
以前からの顔見知りのような印象を受けましたが、どうなんでしょう?

シャマラン監督も気になりますが、この方も気になってしまいましたよ。




ジャニーズブログランキング
←参加中のランキングです。ポチっとしてやって下さい♪

スポンサーサイト



2010.08.30 13:41|2010/08/01~08/31
見てきましたよーー。

今回の『ラブジュ』、仁を女たらしキャラに推奨中のこのインタビュアーさんには待ってましたな題材でしたね(笑)
のっけからぐいぐい来てて仁さまたじたじです。

でもまあ、仁のあのシャイな微笑みに私もデレデレですので、もっとやっちゃって~、って感じですけどね(←笑)


ではでは、またしてもヘッポコな和訳をしてみましたので、よかったらどうぞ♪



「The title "LOVEJUICE"is very...
there's a misconception about it」
『LOVE JUICE』というタイトルにすごく…、誤解したよ。

ははは(笑)

「Some people think it's...」人によってはそれをそれだと思うんだけど、

It's... right?
それは…、そうなの…?

「A lot of people think it's something that it's not suppose to be
I don't know?
Is it suppose to be that or...」
たいていの人はそれじゃない、違う何かを考えるんだろうなと思うけど…、わかんないな。想像してるほうであってる?それとも…?

It's not suppose to be
違いますよ。

「What is "LOVEJUICE"?」
『LOVE JUICE』って何?

Me and my friend went out one day
a long time ago, that club has a...
has a cocktail called Love Juice

だいぶ前に僕と友達で行ったんですが、そこのクラブにあったカクテルがLOVEJUICEだったんです。

「Love Juice is a cocktail?」LOVEJUICEはカクテル?

It's a cocktail...like your lip produce
カクテルです…。唇から産まれたみたいな感じ。

「Saliva?」
唾液?

That's gross...if you say saliva
Yeah, but it is

それはちょっと露骨かな…、でも唾液というなら、うん、そうかも。

「It's a sexier way to say it?」
それを色っぽい言い方をしたってこと?

Yeah,sexier way to say saliva
ははは(笑)
そうですね、唾液のセクシーな呼び方。

「Is this from real life is it...
What is it?
Because the lyrics are
"she stood there waiting alone "」
これは実体験?なに?
歌詞に“彼女は一人でそこに立ってた”ってあるから。

That's my day dream
僕の幻想です。

「That's your day dream?」
君の幻想?

"green eyes, her shoulder exposed"
グリーンの瞳、露出する肩。

「Naked?」
裸なの?

Yeah
はい。

「She's naked?」
彼女は裸なんだ?

She is kind of naked
I take her clothes off after that
but yeah...I didn't write that

裸みたいなものかな。
その後、僕が彼女の服を脱がせます(笑)
でも、うん…、それは書かなかったけど。




きゃー!
ちょ、『ラブジュ』がこんなエロい妄想に続いてたなんて!!

まさか、仁の妄想がそんな風に展開しちゃってるとは発売当時には思いもよらなかったよなぁ。

仁の歌詞って幻想だったり『Tipsy Love』みたいに夢の出来事だったりと、仁ってわりと妄想族なのかな?
もしかしたら、歌詞にはないけど妄想はどんどん膨らんでたりするかもですね…(笑)


MusicTalkのおかげで、『LOVEJUICE』の秘話が明るみになって嬉しいです。
MusicTalkさまさま♪

来週も『Adjust the love』と続くようで楽しみです。




ジャニーズブログランキング
←参加中のランキングです。ポチっとしてやって下さい♪


拍手コメ、たくさんありがとうございました。

励ましてくださる方、同じ気持ちでいるという方、ありがとうございます!すごく励まされました。

誰かに話しを聞いて貰えるだけでもありがたいのに、メッセージまでいただいて……。
本当にブログをやっててよかったなぁと感じました。

もっともっと強くなって、しっかり前を向いて進んでいきたいと思います。

2010.08.28 23:25|2010/08/01~08/31
スポ紙、何と言うか・・・、仁のKAT-TUN脱退を未だに受け入れられてない私にとっては駄目押しのような記事でした。

最近これでも結構ポジティブというか、ソロもありかもなぁなんて、軽~い気持ちで過ごしていたんですが…。
こうしてあらためて発表されると、やっぱり悲しくて涙してしまいますね…。

7月に社長の会見があっても、仁のマニュがあっても、未だにこれって夢??みたいな感じで、現実を受け止められない時があって。

ホントにね、いい大人が諦めが悪くて恥ずかしいんですけど、この頃、夢で6人が一緒にイベントに参加してるという夢を何度か見ていて、もしかして正夢になるかも…なぁんて子供みたいに思って誰にも言わなかったりしてたんですよ(苦笑)


もちろん、頭では解ってるんです。
きちんと発表もあったし、一度言ったことを覆して戻すことなんて有り得ないって。

それに、あの日生の仁を見てたら進む道が違うというか、ジャニーさんの言葉を借りるなら、KAT-TUNと仁の生き方が違うのは明白でしたし。


でも、そんな事は頭ではよくわかってるんだけど、なかなか気持ちがついてきてない状態だったんですよね。
ソロが向いてるかなと思う日もあれば、なんでこうなったんだろ?って思う日もある。

まあ、我ながら面倒臭いなぁというか、聞き分け悪いなぁと思います。
いつまでぐだぐだ言ってるんだって感じです…(汗)



だけど今日、新聞記事を読んで、これをきっかけに区切りをつけられたらいいなと思いました。

仁もKAT-TUNも前を向いてるんだから、私も受け入れて前を向いて進まなきゃなあと。

時間はかかるかもしれないけど、ゆっくり少しづつ前へ進みたいです。

仁の声をもっと聞けて顔をたくさん見れたら、きっとそれが私の背中を押してくれる1番の力になるだろうから、これからの活動に期待したいです。

とりあえずは明日のMusicTalkかな?
そろそろ最新の仁も見たいですね~。




ジャニーズブログランキング
←参加中のランキングです。ポチっとしてやって下さい♪


明日からはまた明るく行きますので、今日のこの未練たらしいブログをお許しくださいませ・・・。

2010.08.25 22:29|2010/08/01~08/31
超~~~久しぶりに、たっちゃんの口から「赤西」って聞きました!

昨日のR-oneなんですが、『KAT-TUNのビミョーな噂』の中でサラっと仁の名前が入ってました。

本当にいつぶりだろ?
半年ぶりぐらい?いつだったか「赤西みたいな身体になりたい」って言ってた時以来かな?
今回は会話の勢いで自然に出てきたって感じで、なんだか嬉しいですv

こうやって少しづつ、前みたいに普通に名前が出たらいいね…。
仁の事を言わない意識なんてして欲しくないし、これからも自然であって欲しいなって思います。



ではでは、簡単にレポを。

雄:えー、「昔、メンバー内で『いちご100%』を回し読みしていたと聞きました、それ本当ですか?」
竜:あーー、読んでましたね。
雄:去年ですか。
竜:あれ去年かな?ちょうど十日間やった時、ドームでね。
雄:うん。
竜:マネージャーが持って来てくれたんですよ。
雄:そうだよね。
竜:「私、この本好きなんですよ」つって。
雄:うん。
竜:そっから…、俺がちょうどドラマやってる時!
雄:おん。
竜:『婚カツ』やってる時に、うん、「空き時間に暇だからなんか漫画持って来て」って言って、持ってきてもらったんだよ。それが『いちご100%』。
雄:ふうん。
竜:でー、読んでてー、ライブでも楽屋で読んでたらぁ、田口とか、聖が読み始めてー、
雄:うん。
竜:おまえ読んだよね。
雄:俺読んでない!
竜:違う!あ!そだ、赤西がぁ、めっちゃ読み始めたんだ。
雄:うん。
竜:で、おまえと亀は読んでなかったかな?
雄:うん。俺読んだことない。でも、田口が半端ない勢いで読んでたのを覚えてる(笑)
竜:田口はいつもそうなんですよ!最初は「オレ興味ねーし」つって、おまえ一回読んでみ、っつったらスゲーはまっちゃって、「オレ誰がいい、誰がいい」って言い出しちゃって。
雄:ああ~。でも、この手の漫画って、面白いですよね。
竜:面白いです。


と、これ以降は二人の会話は『いちご100%』になっていくんですが、たっちゃんいわく、『いちご100%』はジャンプにある唯一のエロ要素だとか。

うう~~ん、仁がそんな青春コミックを読んでいたなんて……。
気取ってiPhoneとかいじってんのかと思ってたけど、まだまだ子供だな(笑)

漫画の内容もだけど、回し読みってのも高校生みたいで可愛いね。

あの10日間連続でクールなライブを披露した裏でそんな楽屋ライフを送っていたとは…。
意外な一面が知れてよかったです♪

またいつか、仁の話しを聞かせて欲しいですね。




ジャニーズブログランキング
←参加中のランキングです。ポチっとしてやって下さい♪

2010.08.24 22:48|2010/08/01~08/31
最近は通勤の車の中で、懐かしのカツスタを聞いてます。

今、ちょうどバレンタイン週で、「負けたらキム舐め」なんて言ってるあたり(懐かしい笑)

んで、なんでまたカツスタを引っ張り出してきたかと言うと(まあ、Music Talkで仁の話し声っていいなぁっいうのもありますが)、願掛け?的な気持ちも少しあります。

最近なかなか仁事の発表がありませんのでね、このカツスタを聞いてる間に何か新しいお知らせが来ないかなと♪

以前も、確か…『ドンスト』発売以降なんもない日が続いた時があって、その時もカツスタを出してきてリピったなぁって。
で、それからしばらくして、新曲ホワクリとBANDAGEの発表があったんですよね。

そんなわけで、カツスタを最後まで聞き終わるにはなんかお知らせあったら…、なんて、ちょいよこしまな気持ちで聞き始めたんです(汗)


でもでも!
ただ声を聞いてるだけでも純粋に幸せな気分になれちゃうんだよね。
カツスタ聞いてると、やっぱり仁の声好きだぁ~~ってふわふわな気持ちになるもんv

落ち着いた低い声も、「え、ちょ、だって…」と焦った声も(「手料理」を「手数料」て読み間違えてました笑)、「ふふふ」て優しい笑い声も、ぜんぶ大好き!

あの甘い声を車ん中で聞いてると、もう顔が崩れる崩れる!
ニヤニヤが止まりませんから(←あやしい笑)

嗚呼、もっともっと仁の声、聞きたいですねえ~。
もちろん顔も見たいけどv
そんな気持ちを鎮めながら、のん~びり待ってたいなと思います。




ジャニーズブログランキング
←参加中のランキングです。ポチっとしてやって下さい♪

2010.08.23 00:47|2010/08/01~08/31
見てきました!
Music Talk 6回目!

今回は英語ペラッペラな仁に惚れ惚れしちゃいましたv

いや、いつもペラペラだけどね、今回はさらにペラッペラで素敵なんですよ~~。
眩しいvv

ではでは、和訳してみたので、よかったらどぞ♪


I really like it a lot
I don't know why

僕、すっごく好きなんですよ。なんでだかわからないけど。

「"Christmas Morning"?」
『Christmas Morning』を?

Yeah
はい。

「You made a track?」
君が作曲したの?

I made the track...
I was running out of time and I had no leeway
and that like...

僕が曲を作ったんですけど…、
予定していた期日が過ぎてもまだ進行中で、とにかく余裕がなかった。
そんな感じで…。

「two weeks before the concert」
‐コンサートの2週間前に‐

I had to make it, one more song that was "Christmas Morning"
When I heard this song
I had that image
what I did on the stage
I was fitting drums it's kind of futuristic
singing with a headset
I'm imagining that as soon as I heard this song

僕は1曲歌を作らなくてはならなかったんです、それが『Christmas Morning』なんですが。
この歌を聞いた時にイメージが浮かんだんです。まず僕がステージに立っていいて、ドラムを叩いてる…、歌うのは近未来的なヘッドセットで…。
この歌を聞いてすぐにそれが思い付いたんです。

「Why is it Christmas?」
なんでクリスマスなの?

That's from my image of this song
Winter and then a little cold
There is no building

イメージがあったんですよ。
冬で、少し寒くて、そこには建物がない。

「This is like the future」
未来を思わせるね。

Yeah
はい。

「End of the world?」
世界の終末ってこと?

Yeah,people starving...we only have...
...love

はい。
人々は飢えてて…、僕らにあるのは…、愛だけ…。

「That's pretty cool
When the world ends everything is dead」
それはすごくクールだね。
世界が終わったらみんな死んで。

Dead
But the love is the only one...survived

死…、でも愛だけが生き残る。

「That's "Christmas Morning"」
それが『Christmas Morning』なんだね。




なんか…、仁さま語ってますねぇ。

仁が英語をペラペラ話すっていう姿だけでも惚れそうなのに、内容も深くて素敵です…v

これだけ歌詞に思い入れがあるから、あんなに目を輝かせて語ってるんでしょうね。
本当に素敵な青年に成長したなぁ…(しみじみ)

“愛”を大切にする仁ならではの感性を、あらためて歌詞に感じることが出来ました。

次回は『LOVE JUICE』だとか。
まだ続くみたいで嬉しいです♪




ジャニーズブログランキング
←参加中のランキングです。ポチっとしてやって下さい♪

2010.08.19 19:27|2010/08/01~08/31
Tokyohive、翻訳してみました。

かなりの長文でしたので、今回は英文を割いて和訳のみをアップ。

いろいろ翻訳して思ったけど、あの歌舞伎みたいなマスクの演出が向こうの方にはウケがいいみたいですね~~。
このTokyohiveでも少し細かく説明してあって反応の良さが伺えました。

では、JaMEなどの今まで見たレポとあまり代わり映えしないかもですが、よかったらどぞ♪
(最後のインタビューなんて全く一緒だったので、カットしちゃいました(汗)


『Tokyouhive』

注:ファンの皆さまに、レポートが遅くなったことをお詫びします。
それでは、レポートを楽しんでください。


あなたがジャニーズのコンサートに行ったことがなく、写真で見たりファンのレポートを読むだけだったとしても、赤西仁の全米ソロデビューを行ったクラブノキアのコンサートを思い描くことができるだろう。
想像してみてください。
ジャニーズのスターの一人、彼を見ようと会場入り並んでいるアジア女の子の列を。
2000人以上のものファンは、この日を今か今かと待ち望んでいたことを。


会場に入ってあたりを見回すと、観客の95%ほどはアジアの女性でしたが、日本からのファンだけでなく現地アメリカのファンも多かった。
ジャニーズだけあってセットに問題は無し、クラブの原形の2倍の量の器材がセットされ、ステージには2つの巨大スクリーンが取り付けられており、各曲のイメージに合わせた映像が流される。
バルコニーと床に設置されたモニターにはステージのパフォーマンスと歌詞がスクロールされた。

これがジャニーズです。一人のスターがデビューし輝くためなら、たいした出費ではありません。
ただ、それはよくある華やかなばかりのライブではなかった。このショーの魅力は日本を抑え次へ向かうだろう。
このアメリカで、現地のファンは、いったいどんなことを得るのか。

6時15分頃、司会の2人(ジュースとブービー)が登場し、「仁はどこ?」と観客に尋ねる。
2つのスクリーンに映し出されたのは舞台前の仁の様子。バックミュージックと一緒に映像が流れる中、仁は冗談を言ってみせることも。
「僕はここでライブをするんですよ」と仁は「カツヤ」(クラブノキアの近くにあるレストラン)を指差す。

映像が終わると、今回の公演のメンバーであるジョーイ・ティーがステージに登場。仁の前座に行われるパフォーマンス3つのうちの1つをするためだ。
ジョーイの次に登場したのは「ABDC」の第3シリーズの出演者「Strikers All-Stars.」。
最後のパフォーマンスに登場したのは仁の作家の一人で、自分の持ち歌の「One Love」と「Turn of the Audio」を演奏した。

2つ目の映像は仁のツアー、メイキング、ステージまでの道のりです。バックダンサーを選ぶために開いたオーディション映像も。
仁がホテルで彼の曲を口ずさむ映像が映し出されると、ファンは大喜び。
ビデオには仁のダンスリハーサルの場面も流れた。


ジュースとブービーが再び登場、そして、煙と青いライトのステージに彼が現れる。
白のフードジャケットにジーンズ、ポニーテールというスタイルで仁はついにステージに登場した。
会場は悲鳴の嵐。




ジャニーズブログランキング
←参加中のランキングです。ポチっとしてやって下さい♪


☆“続き”に続きます。


続きを読む >>

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)

04 ≪│2021/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

最近の記事

プロフィール

ななち

Author:ななち
管理人のななちです♪

とにかく仁が大好き!
胸の内に納めきらない想いをブログにさらけ出してるため暴走気味かもですが…

大人目線で優しく見守ってくださいませ♪

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ジャニーズ最新情報

メールフォーム

ご意見、ご感想などおまちしています♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる